トップ

冷え性と不妊症の関係

冷え性が不妊症の原因に

冷え性の血流停滞が機能低下へ

最近増えてきている夫婦の悩みの一つに、不妊があります。女性側の卵巣や子宮、男性側の精巣と言った病的な問題がなくても不妊が続くカップルが近年増えているのです。

病院でいくら検査をしても理由が分からない、そんな不妊を引き起こしている原因は、実は冷え性だということもあります。

・下腹部の冷えが女性器の働きを鈍らせる
手先が冷たかったり、足先が冷たかったりと、冬になると冷え性を感じる女性は多いですよね。冬だけに限らず、年中冷え性だという方もいらっしゃいます。

しかし、そんな末端冷え性だけでなく、最近では内臓冷え性と言って、自分でも気が付かないうちに下腹部が冷えているケースが見受けられます。

下腹部が冷えてしまうと、骨盤や子宮付近の血流が悪くなってしまいます。すると、子宮や卵巣といった妊娠に大切な役割を担う生殖機能の働きが鈍ってしまいます。その結果、妊娠がしにくい体へと変わってしまうのです。

・冷え性が婦人科の病気を引き起こすことも
 冷え性によって臓器の血流停滞が起こり、子宮などの働きが鈍くなってしまうと、ホルモンバランスも乱れていきます。このような乱れは生理痛を引き起こすこともあります。

人によっては、生理が始まると寝込んでしまうくらい強い痛みを伴う場合もあるのです。また、子宮内膜症などの婦人科系の病気を引き起こすことも考えられます。

・卵胞刺激ホルモンが働かず、不妊につながる
月経を促すために、体は卵胞刺激ホルモンを分泌します。そのホルモンの働きによって卵子が排出されて月経が起こる仕組みになっています。

しかし、冷え性になって血流が悪くなってしまうと、卵胞刺激ホルモンの分泌量が減ってしまって、排卵障害を引き起こしてしまいます。そのために、卵子が排出されず、不妊になってしまうのです。